スマホでデジタルイラストは可能なのか?

イラスト

スマホを持っていないと生活が非常にしにくく、持っていない人を探すほうが難しい世の中です。

そんなITじみた社会ですが、スマホで事足りているらしく、まだPCを持っていない人は多くいます。

その中でもデジタルイラストに興味を持っているはずの人がいるはず(特に学生)なので、今回はそんな人たちに向けた記事、スマホはデジタルイラストを描くのに使えるかどうかという内容です。

スマホでデジタルイラストは一応できる

スマホでも可能か不可能かでいえば可能です。アプリとしては「ibisPaint X」や「MediBang Paint」などです。

レイヤー設定やブラシ設定、出力できる拡張子もしっかりそろっています。

個人的にはスマホ単体だとibisのほうがUIがいいなと思いました。

使えるかどうかの結論

結論から述べますが、軽い趣味としては十分ですが、PCと同じノリで使えるかというと少し厳しいといったところです。

実際に使うとわかりますが、レイヤーやブラシなどいろいろ使えるスマホでのデジタルイラストですが、問題点が多いです。

スマホスペックによってはゴミ

昔、ASUSのZenfoneGOという廉価スマホを使っていましたが、動作がもっさりしすぎてて苛立ちを覚えました。

リアルタイムで表示されない線、表示される結果を予想描きしなくてはならないので、人によっては描くことすら難しいです。

線画を描くのが大変すぎる

画面が小さくペンがないと描きにくいといった問題点とぶち当たることになります。

線画を描くだけで結構時間がとられます。

解決策として、線画を紙と鉛筆で描いたものを写真撮って取り込み、線画抽出するという方法がありますが、カメラ性能や線画抽出がうまくいかないなど本体スペックやアプリの性能次第では難しいと思われます。

PCと比べるとやはり劣る

PCだと機能も非常に多く、カスタマイズ性もあります。

スマホでいろいろやりたい場合、結局PCからのカスタマイズが必要だったり、スペック、技術的に不可能だったりします。

最強なのはPC、PC以外なら少し高めのタブレット

やはりスペックをいじりやすく、ソフトも揃えられるPCでイラスト制作するのが一番早いし、確実です。

デジタルのデータのやり取りやその他諸々PCが一番勝っているのでこの結論に至ってしまうのは至極当然です。

また最近ではiPad等のタブレットでやったほうがいいと思います。

タブレットに関してはスマホよりは画面が広く、比較的スマホよりスペックがかなり高く、液タブにかなり近い形で描けるので、むしろPC+板タブより良いかもしれません。

以上のことをまとめて思ったことは、スマホは描くのに変な癖をつけるだけだと思うので、クソコラ作る以外の用途であまり使わなくてもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました