イラスト初心者になるための、さっさとペンタブになれる方法

ペンタブ民のみなさん、どうもshinoyoです。

初めてペンタブをいじった人はまず最初に謎の違和感があると思います(なかった人は天才ですおめでとう)。

普通はキャンバスに筆が置かれた所に色が出るはずですが、画面とキャンバスになるものが離れていたり、感覚と実際に塗られるものが違うのがデジタルです。

デジタルの良さはいろいろな画材を再現できるところと綺麗さとコスパにあるので、それらを活かすためにまずは今回はペンタブに早く慣れようという記事です。

ペンタブは使って慣れろ

とても当たり前な話ですが、使わないと慣れません。
ただ、単純に使っていれば使えるようになれるわけではなく、イラストに活かせるような使い方を覚える必要があります。

イラストのトレス

他人のイラストをトレスすることで、ペンタブの使い方に慣れるというやり方です。

トレスはイラストの画力を単純に上げることができるという点とストロークのフルコントロールができるようになるといった、やると良いことが結構あるので、おすすめです。

ただ、トレスを許諾していない、本人からの許可がないようなイラストのトレスしたものをインターネット上にアップロードする行為は著作権に引っかかるかもしれないので、OKなのかどうなのかを確認してからアップロードしましょう。

トレスに関する著作権を簡単にまとめられた記事はこちら

ペンタブを利用する(できる)ゲーム等をやる

ペンタブを使うこと前提のゲームなどを遊ぶことでペンタブに慣れていこうという魂胆です。

ゲームは『osu!』や『Cutter』などがあります。

また、お絵かきチャット(通称:絵チャ)などで、他人と楽しく遊ぶのもありです。
ハードル低めなのが『お絵かきの森』、スマホもPCブラウザでも出来、機能が割と揃っているのが『MagicalDraw』かなと。

あまりおすすめできないマウス縛り

ペンタブしか使わないようにして慣れようという話ですが、正直ただただ不便菜だけで画力は上がりもしないし、楽しくもないです。

ペンタブが苦痛になってしまったら元の子もないのでおすすめしないどころかやることを非推奨としておきます。

まとめ

トレスが最強で、遊びながら覚えたいのならosu!や絵チャが良いですね。

ちなみに私個人の感想ですが、ペンタブだろうが紙と鉛筆だろうが基本的な画力は変わらないです。画力はペンタブのせいじゃないです。

お借りしたもの

スポンサーリンク
広告