ダーシー・トムソンのゴム板から学ぶロリ顔を描く方法

今回はたまたま見ていた動画からロリ顔のヒントを得たので描き方を考えました。

紹介するのは描く方法の一つとして捉えてください。

伸縮でロリ顔にできる

ダーシー・トムソンのゴム板を利用します。

詳しくはこちらの動画を御覧ください。

これを利用することによって、ロリ顔から中高生・成人の顔にすることも可能です。

注目すべきポイントと描き方

動画には

  • 顎を丸くする
  • 顔のパーツを下げる

と出ています。
この2点に注意して描くことでロリ顔を描くことができるはずです。

キャラをロリ化してみる

自作キャラのこの子を使います。

さっと描いてみました。左が元画像と同じだとして、左がロリ化してみたものです。

描く上で一番注意すべきなのは顔のパーツの下げすぎです。

下げすぎると、絵柄もしくはそのまま顔面が崩壊します。自分の絵柄で適応できそうな丁度いいと思う位置を探してください。

あと目のパーツを気持ち大きめ、それと頬付近に丸みを入れるとそれっぽくなるような気がします。やりすぎるとペドの領域になりそうですのでそのあたりは調整が必要だと思います。

スポンサーリンク
広告




広告




スポンサーリンク
広告