女性キャラのイラストが描けないときの練習法、対処法

どうもshinoyoです。

コロコロコミックの影響により、イラストを始めた私ですが、男性キャラは描けても、女性キャラを描くことが出来なかったんですよ。

そんな私でも練習と男女でどう描き分けるのか考えることによって、ある程度男性と女性の描き分けができるようになりました。

それらを適当に紹介していこうかと思います。

男女の違いを簡単に理解する

体のバランスの違いをざっくり知る

男性と女性でどう描き分ければ良いのかという話ですが、トイレのマークを思い出せばそれぞれ違いがわかります。

男性は逆三角形、女性は三角形になっています。

これらから体の強調をどうすれば良いのか学ぶことが出来ます。

男性は肩周り、女性は腰周りの強調を強くすることで、それらしく見えます。

逆に言うと、男性は肩周り、女性は肩周りを強調させないことでそれらしくなります。

それ以外での細かめなところを言うと女性の方が腰とへそが高めの位置にある方がそれっぽく見えます。

線の描き方を変える

性別で線を変えることで、それぞれの印象を変え、描き分けることが出来ます。

例えば男性の線画は直線的に、女性は曲線的に描くことで男らしさ、女らしさを演出することが出来ます。

練習方法

模写

上手い人を真似るのが一番早いです。

自分の理想の絵柄に近づけることも出来、おすすめですが、どうしてそう描くのかといった、仕組みがわからなくなるという落とし穴もあるので、他の練習も混ぜたりするのが良いでしょう。

裸婦デッサン

女性の裸をデッサンすることで、どういった特徴をつけるとそれらしくなるのか、そういった観察眼と女性の描き方を習得することが出来ます。

裸婦デッサン用の本などがあるのでそちらを利用するか、てきとーにエロ画像でもダウンロードしてそれを使ってください。

できるだけデッサン本購入の方をおすすめします、邪な気持ちが混じり、別作業に移行されてしまっては練習もクソもありません。

終わり

これらをやっていればそれなりに女性が描けるようになると思います。

また中性的な人物を描きたい場合、取捨選択か中間を狙って描くかなどをすることによって描くことができます。

とりあえず描いてください、描かなければ永遠に出来ません。

スポンサーリンク
広告




広告




フォローする

スポンサーリンク
広告