ゲーミングチェアは作業用の椅子として使えるのかGTRACINGのゲーミングチェアで試す

どうもshinoyoです。

今年2018年8月にGTRACINGから出ているゲーミングチェアを購入しました。理由としてはそれまでに使っていた椅子がうるさいのと、快適ではないといった理由です。

GTRACINGの理由はお財布面ですが、実際使えるかどうかレビューしつつ、そもそも作業用の椅子として機能するのかどうかを書きます。

GTRACINGゲーミングチェア

主な機能、性能

  • PUレザー
  • 幅67.31×奥行57.15×高さ120.65cm~132.08cm 
  • 165度のリクライニング
  • ランバーサポート付き
  • 耐荷重100kg
  • 17800円(2018/8/14のアマゾン価格)

使用感

椅子に座り心地は結構いいです。ランバーサポートにより腰への負担が減った感は正直ありますね。

前より明らか長い時間椅子に座っていますね。

ダラダラしたくなったら寝れるぐらいの角度にしたり、ゲームによって角度変えたりなどでリクライニング機能使うことで、ほんとずーっと座っていられます(おしりが辛くなるぐらい座っていられる)。

残念なところ

パーツの作りが甘い。

ネジの塗装ハゲ、なぜかアームレストの高さが左右違う、ネジが緩みやすいといった特徴が見られました(背もたれのネジが緩むとギシギシなるようになります、締め直せば直ります)。

2018/9/25追記 ギシギシが背もたれ以外にもなるようになりました…。

緩みやすいのは自分の作りが甘かった可能性があるものの、他2つは結構気になりますね。

作業用のチェアとしてどうなのか

なんと書くべきか非常に難しいのですが、前傾姿勢か後傾姿勢かで賛否両論、良いか悪いかが変わります。

前傾姿勢の方には向いておらず、後傾姿勢で背もたれに寄りかかる座り方をする人に向いています(リクライニングをほぼ直角にすれば使えなくはない)。

普通に長時間使っても疲れにくいので、作業にとても良いですが、キーボードの置き位置やペンタブや液タブの角度によっては使いにくいです。

また、ヘッドレストは人によって必要だったり不必要だったりなので調整必須です。ヘッドレスト一つで作業のしやすさが変化しました。ちなみに私は時と場合によってつけたりつけなかったりしてます。

結論としては背もたれに寄りかかって座る人なら結構良いといった感じです。

終わり

今回はGTRACINGのゲーミングチェアをレビューしつつ、PC作業等に対してはどうなのかについて書きました。

ゲーミングチェアを選んだ理由ですが、にコストパフォーマンスは良さそうという感じです。

実際使ってみて、パーツの作りが雑な点などから値段なりな気がするので、チープさが気になってしまうような人であれば高めのゲーミングチェアやオフィスチェアを買うことをおすすめします。

スポンサーリンク
広告




広告




フォローする

スポンサーリンク
広告