iPhoneのみで動画作成、YouTubeに投稿をする方法

動画を作るのは機材も知識も必要だと思っている人がいるかも知れませんが、iPhoneだけで動画編集から動画投稿までちゃんとできます。

今回はそれらを全部できるようにやり方を書いておきます。

使うもの

  • iPhone または iPad
  • iMovie

動画作成

手順

  1. 動画撮影と画像素材集め 純正のカメラアプリ、safariで可能
  2. iMovieで新規作成、動画の取り込み
  3. 素材を使い編集、書き出す
  4. YouTubeに投稿

動画編集で使う機能

カット

動画をタップすることで下に動画をいじるオプションが出てきます。アクションの分割を使うことで動画を2つに分けれます。

いらないところを切り出して削除することでカット出来ます。

文字を入れる

タイトル機能を使うことで動画に文字を入れることが出来ます。注意点として動画自体に字幕を付与する機能で動画の下に文字レイヤーを作るものではありません。

しかしテンプレ内のものしか使用できなく、フォントや自由に位置を変えるなどが出来ないです。

元に戻す

Ctrl+Zにあたる機能です。端末を振ることで画像のように取り消す、元に戻すことが出来ます。

動画に動画を入れる

動画に動画を入れることが出来ます。

非常に便利な機能ですが、周りに白い枠が出てしまうのは消すことが出来ないので注意です。

また横の波形マークを押せば、動画の音声だけを入れることが可能です。

フェードを入れる

カットしたときに出てきた謎の縦棒があると思われるのですが、これは次の動画にどう繋げるのかを表したもので、縦棒はそのまま入れ替えるようになっています。

これをスライドやフェードに変化させることが出来ます。

フェードですが、黒か白の画像を挟むほうが使い勝手がいいです。

BGM、SEを入れる

iMovieに直接入っているBGM、SEを入れることが出来ます。

外部アプリまたは自分でiPhone、iPadに入れた曲も入れることが可能です。

BGMを突っ込んだ時にバーが緑色になっていればそのBGMはループします。

BGMの流すタイミングの調整がしたい場合、前面にすると調整できるようになります。

動画に録音する

その場でナレーションを入れることが出来ます。

YouTubeに動画投稿する

iMovieの機能で動画投稿できますが、細かい設定が出来ないのでエンコードした動画をYouTubeに投稿する形でやっていきます。

おすすめはHD 1080pです。

エンコード後、SafariかGoogleChromeを開き、YouTubeのPC版のサイトを利用してください。

こうすることにより、PCで動画投稿するときと同じ設定で動画を投稿することが出来ます。

今回の記事で出したものを使った例

スポンサーリンク
広告