板タブと液タブの比較と購入のすゝめ

デジタルイラストの道具でペンタブレットがありますが、板のものと液晶がついているものがあります。

今回はデジタルイラストを始めようと思う人向けに板タブと液タブはどう違い、また買うのであればどちらを買うべきかという記事です。

タブレット特徴

どういったタブレットかとメリット、デメリットを書いておきます。

板タブ

PC画面を見ながら手元のペンやパネルで操作できる入力装置です。

分厚くなく、取り回しが良いのが特徴です。

メリット

  • 姿勢良く作業できる
  • 画面に対して正面から見れるので線画が狂いにくい
  • 液タブより価格が安い
  • 手元が隠れない
  • ワイヤレス化できるモデルもある

デメリット

  • 直感的ではない
  • なれるまで時間がかかる(可能性がある)

液タブ

ディスプレイにペンで直接描く入力装置です。

普通のディスプレイとして使うことも可能です。

メリット

  • 紙に描くように直接描き込める(アナログと似たスタイルで描ける)
  • ペンの座標を認識しやすい

デメリット

  • 視差が発生する
  • 体への負担が板タブより大きくなる
  • 平置きにすると視線に対して斜めになるので線が狂いやすい
  • 手元が隠れる
  • 故障率が板タブより高い
  • キーボードや左手デバイスの置き位置に困る
  • 配線が面倒くさい
  • 価格が高い
  • 熱が発生する
  • 光の反射を気にする必要がある

2つのペンタブの差

板タブと液タブの差は一体どこにあるのか簡易的にまとめておきます。

直感的

板タブレットは板とペンでマウスカーソルを操るように描きますが、液晶タブレットはキャンパス上にペンを置いて描くことになるので、非常に直感的で作業しやすいです。液タブ最大のメリットと言えるでしょう。

視差の概念

液タブは液晶との間にガラスやプラスチックの板があります。そのため見る角度によってペン先と実際に描かれる線との間に生じる僅かな差、視差が発生します。

これが大きいととても描きにくくなります。ゼロにすることは不可能ですが、Wacom製やiPadを使ったり、ドライバで調整し、できるだけ小さく収まるようにすることはできます。

体への負担

これに関しては板タブのほうが良いです。
液タブのほうが覗き込むような姿勢になりがちなので、どうしても猫背など姿勢が悪くなります。

長く創作活動を続けるなら板タブのほうが姿勢的には実は良かったりします。

配線、置き場所

板タブはUSBだけで済みますが、液タブは液タブ認識用のUSB、ディスプレイに映像を写すためのHDMI、電源のためのUSBが必要とするものが多いです。
一部製品では2本のケーブルで済みますが、板タブよりは絶対に多くなります。

また液タブは斜め置きしたり、重いので動かせなかったりと板タブより面積をとったり、取り回しが悪かったりします。

価格

ペンタブ+ディスプレイ機能が液タブなので、基本的に液タブのほうが高いです。

はじめはどれを買えば良いか

個人的にはまずは板タブから買うことをおすすめします。

使いこなせるようになると板のほうが有利に働く可能性があるのと体への負担が小さい、また価格が安いのでお試しにはちょうど良いという理由で勧めています。
使っていてかなりの作業のやりにくさを感じるのであれば液タブに切り替えるのもありです。

鮮やかなカラーが揃ったWacom Intuos。ベーシックカラーからトレンドのパステルカラーまで、お好みの色を選べます
15.6型フルHD液晶へダイレクトに入力が可能な液晶ペンタブレット。
スポンサーリンク
広告