初めてのペンタブレット、板タブか液タブどちらを買えば良いのか

どうもshinoyoです。

デジタルイラストほぼ必須と言われるレベルで必要なものであるペンタブレット。

まな板のような普通の板タイプのペンタブレット通称板タブと、ディスプレイに直接描きこむような液タブがあります。

今回はデジタルイラストを始めようと思う人向けに板タブと液タブどちらを買うべきかという内容です。

板タブの特徴

画像のように本当にただの板です。

基本的な付属品は、ペン・替芯・pcと繋ぐusbケーブル・ペンの充電コードです。
付属品として、手袋がついてきたりします。

手が邪魔で見えないということがないメリットがあります。

液タブの特徴

画像のように板ではありますが、ディスプレイでもあります。

こちらの基本的な付属品は、ペン・替芯・pcと繋ぐusbケーブル・ペンの充電コード・液タブの電源ケーブル・DisplayPort、HDMIなどの接続ケーブルです。

ディスプレイに直接描く感じで作業ができるものです。ダイレクトに絵を描くような形になります。ダイレクトなのであまり描くことに違和感を覚えないです。

それぞれの特徴を見た上でどちらを購入すべきか

本気でデジタルイラストをやるなら液タブを買うほうが描くことに違和感を与えないので液タブをおすすめします。

ただ、イラストを描くことを一度もやったことがない人、PCをあまりいじらない人には板タブを試してほしいです。

というのも、直接描くことに違和感を感じる人はデジタルイラストを描き始める前にアナログをやっていることが多いからです。慣れれば板タブの方が良かったりする場合もあります。

またPC操作になれなくてアナログに戻る可能性を考慮した場合、ダメージが少ないのは板タブです。

ペンタブの方が手が邪魔にならなくていいと思える、まずデジタルイラスト自体に慣れるといった意味でも板タブから買うのもありです。

最後

ネットでいきなり買うのも良いですが、ビックカメラやヨドバシカメラ、ツクモ、アニメイトなどに行くと多分ペンタブ試せると思うので試してから買うのもありです。

オマケ

貧乳はステータス。

スポンサーリンク
広告