イラスト関連の本ってどんなものを買えば良いの?

どうも、shinoyoです。

イラストに関する本ってかなりあるとは思いますが、本って高いですよね。
だいたい2000円ぐらいするじゃないですか。

今回はそんな本をいつどんなものを買えばいいのかという話です。

イラスト関連の本の種類

イラスト関連の本を大きく分けたら

  • 描き方
  • ポーズ
  • 衣装資料
  • 背景資料

かなと思われます。

描き方の本に関しては広いところから深いところまであり、非常に専門性が高いものが多いです。

ポーズ、衣装、背景もジャンルごとに絞られています。

いつ買えばいいのか

自分のイラストにつまりを感じたら買うべきだと考えています。

1からしっかり画力を上げたい、最近あまり向上しない今の画力を向上させたい、いつもと変わった描き方をしたい、ネットではあまり見られない資料などですね。

現状の実力も足りてないものもわかっていないのに買っても使えないだけです。

まぐろなちゃんおすすめの本

私自身本をあまり買わないため、今回はバーチャルお絵かきセルフ受肉ボイスチェンジ魔王おじさんYoutuberであるまぐろなちゃん(中身:ukyo_rst)が勧めていた本を紹介しようかなと思います。

やさしい人物画

教本系を買っている人ならだいたい持っているであろう、一ミリも優しくない本らしいです。
キャライラストの根底であるベーシックである人物モデルを作る知識が詰まっているっぽいです。

この著者の本は原本のみ無料でダウンロードが可能、利用することができます(ただし英訳できる人しか)。著作権が切れているわけではないらしいですが、利用は出来るらしいです。個人利用で留めておくほうが良いでしょう。

無料PDF公開サイト
http://www.saveloomis.org/

脳の右側で描け

実践寄りの本で、紙の上に絵を描くために、イメージを出力入力する行為ののブーストをかけるバグ技が載っているワザップ本らしいです。
生物立体感みたいなものを簡単に認識して描けるような方法などがあるみたいです。

HUNTER×HUNTERで言うところの念を知覚出来るようになるみたいなものらしいです。

カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~

デジタルだからこそ忘れがちな知識を得られる本。乗算やオーバーレイに頼らずに、シーン全体の光がどうなっているかなどを描きこむための知識があるらしいです。

終わり

今回おすすめした本を買えというわけではないですが、基礎のきの字もなく、絶対にうまくなってやると思っている方なら買って損はないと思います。が、近くの立ち読みができそうな本屋で一旦ブツを確認してから買うのもありだと思います。あっているかあっていないかは人によると思いますので。

『ダイナミックコミック講座 人物を描く』という本もおすすめされていたのですが、絶版だったので上記では紹介していません。

スポンサーリンク
広告




広告




フォローする

スポンサーリンク
広告